羽生善治の強襲の一手100 新人王戦から名人戦・竜王戦勝利へ

作成日:2007.09.08
羽生善治の強襲の一手100―新人王戦から名人戦・竜王戦勝利へ (七大タイトル戦勝局集)
著者 :森 〓二
出版社:日本文芸社
出版日:2002-04T
価格 :¥2,010(2022/05/02 16:18時点)
r1(評価:級位者)
r2(評価:初段~三段)
r3(評価:四段以上)

「<終盤の魔術師>森 雞二九段が羽生マジックの決め技100を次の一手形式で出題解説」ということなのだが、あまりそんな感じはしない。むしろ羽生の今までの歩みをまとめた、という趣の方が強い。

内容は題名のとおり次の一手が100問。難易度はまちまちで、解説もあまり詳しいとはいえない(そもそもあまりスペースがないので)。
やはり、100問解いて強くなろう! ではなく、100問ながめて羽生の足跡をたどろう、という本だ。

もちろんそれで悪いというわけではないのだけれど。いろいろな意味で損をしているような気がする。