相振り飛車の定跡 相手の戦法別に勝ち方を指南!

作成日:2002.09.10
相振り飛車の定跡―相手の戦法別に勝ち方を指南! (将棋必勝シリーズ)
著者 :鈴木 大介
出版社:創元社
出版日:2002-09T
価格 :¥149(2022/05/03 00:55時点)
r1(評価:級位者)
r2(評価:初段~三段)
r3(評価:四段以上)

先手の立場に立って相振り飛車の指し方を解説する本。
こう書いてしまうと「後手の立場は?」と、なんだか身もフタもない感じになってしまうが仕方がない。事実である(笑)。

後手が中飛車の時は三間飛車で、それ以外は向かい飛車にするのがいい、というのが著者の主張で、それに沿って解説が進んでいく。
相も変わらず鈴木流の解説方法は健在で、変化の底はほとんどない(爆)。一応、オリジナルという部分もないとは言わないが、読んだすぐ後でも「あれ、どこだっけ?」と思ってしまうくらいで、ようするに従来の定跡書と変わりない。

……と、鈴木大介に冷たすぎないか? という言葉が続くが、逆に考えると従来の定跡書では難しすぎるという級位者にはもってこいの入門書になりうる
本書を読んだだけで勝ち続けられる、などととは口が裂けても言えないが、本書が理解できれば毎局が楽しくしかもそこそこ勝てるだろうことだけは約束する。

難しい相振り飛車の「形」だけをうまく抜き出した、意外といい本だ。