孤高の大木 千駄ヶ谷市場2

作成日:2013.09.02
孤高の大木 千駄ヶ谷市場2
著者 :先崎 学
出版社:マイナビ
出版日:2012-04-13
価格 :¥329(2022/05/03 09:55時点)
r1(評価:級位者)
r2(評価:初段~三段)
r3(評価:四段以上)

『将棋世界』誌に連載していた「千駄ヶ谷市場」をまとめたものの第2弾。平成19年頃の原稿をまとめている。というか、白砂がよく読んでいないのか、よくある「○年○月~○年○月の記事をまとめたものです」的な注釈がないように見える。なくてもよいと考えたんだと思うけど、あってほしいなぁ……。
目次も工夫されていて、本文がちょっとずつ載せられている。映画の予告編のような思わせぶりな文章が多く、なんだろうという気にさせられる。これを読ませて興味を引かせてレジへ持って行かせる作戦だとしたらなかなかうまいと思う(笑)。

先崎らしい読みやすい文章で、プロ棋士の世界が判りやすく紹介されている。また「プロなら一目」「ここはこうやるもの」といったプロの将棋観がそこここにあるので、単純な読み物としてでなく、棋力向上にも役立つと思う。特に中級者くらいの人はぜひ読んで欲しい。

個人的には、ラストの女流の部分が面白く読めた。清水のくだりはまぁいいや、という感じだったが、ダイジェスト的とはいえ、ここまで女流棋士の将棋を取り上げたのはなかなかないと思うので。女流の強さも弱さもよく判って楽しめた。もちろん、里見をはじめとする現在の女流トップはもっと強くなってきているが。