::
Home > 終盤研究 > 美濃囲いの急所
zu zu
 第1図を見て、これは先手の楽勝だなと思った。

 次に▲6四歩△5四銀▲5二角成△同金▲8二飛(第2図。あくまでも第1図で先手番とした場合の仮想図)とすれば両取りがかかるし、そもそも第2図で5二金の取りが受け辛い。
 第2図で△5一飛などと手放すようでは後手不満だろうし、△4三銀なら▲6三歩成△同金▲4二金と張り付いておくくらいで先手がいいだろう。△4三金ならそういう手はないが、今度は下がスカスカだから▲8一飛成の時にまた受けが必要になりそうだ。

 ……と、そんな感じの理由で、これは先手が優勢なんだろうと思った。

 しかし、この感覚は完全に間違っていた。

zu zu
第1図からの指し手
△8八飛▲6四歩△5四銀▲5二角成△同金▲8二飛△4六歩(第3図)


 △8八飛と銀取り(+間接的に角取り)に打たれはしたものの、▲6四歩以降白砂の読み筋通りに進み、▲8二飛と打てた。しかし、△6七歩成~△4六歩(第3図)が美濃囲いのド急所を突いている。この厳しさが観戦中には判らなかった。
 ▲4六同歩は△4八歩▲3九金△5八角▲5二飛成△4三銀引▲4二龍△4九歩成(第4図)と一直線に攻め合って先手敗勢だ。▲5二飛成と駒は取れても、△4三銀引で二の矢がないというのが先手にとって痛い。これも観戦中には判らなかったことである(なので、▲5二飛成とされてはまずいからそれを防ぐ手ばかり読んでいた)。

zu 結局、本譜は仕方がなく第3図で▲5二飛成としたが、やはり△4三銀引▲4二龍として次の一押しがない。以下△4七歩成▲3一金△4六歩(第5図)までで後手勝ちとなった。第5図は全部バラして△4七銀▲2八玉△3九角以下の詰みがあるし、かといって後手玉は詰まない。典型的な一手勝ちコースである。

 実戦の進行を振り返ると、△4六歩の厳しさにも気付かなかったし、▲5二飛成と取らせて攻める発想も気付かなかった。うーむ弱い。しかし、それにしても第1図でなんとかならなかったものか。
 というわけで少し考えてみた。
zu まず考えられるのは、第1図からの△8八飛に、単に▲8二飛と打つ手だろう。△8六飛成▲8一飛成(第6図)と進んだとすると、▲3四桂と▲6三角成△8一龍▲同馬の両狙いが残っている。まぁ第6図が本当に先手がいいかどうかは判らないのだが、あまり気分がいいことではないだろう。
zu 例えば、第6図で△3四歩とこちらの筋を消したとする。以下▲6三角成△8一龍▲同馬に、△6七歩成▲同金△6一飛(形は△8七飛だが、それだと▲6一飛と受けられてしまう。△6一飛に▲8七飛なら△8六歩がある)▲5四馬△6七飛成(第7図)と駒損を回復する。ここで▲4四桂や▲8一飛などがあるが、単純に玉形を比べれば後手の方が固い。

zu また、これが嫌なら、少しもったいないが△3四歩で△4三銀打としてしまえば、第7図に至るまでの手順で▲5四馬とできない。その場合は△6一飛に▲7一飛△6七飛成(第8図)という感じだろうか。△6七歩成に▲4八金寄とできればいいのだが、この局面では△5六歩でかえって火に油を注いでしまいそうだ。とすると、第7図か第8図に進む選択権が後手にあり、どちらかが後手有利だと思えばそれを選択できることになる。攻め駒は十分足りていそうだから玉が固い第8図を選択するのが妥当で、後手が有利、という感じだろうか。
zu また、第1図からの△8八飛に、もっとストレートに▲6三角成といきなり角を切る手も考えられる。△同金▲8二飛とすれば8六銀にヒモがつくためだ。しかし、後手は8六銀取りはあくまでおまけでしかない。本譜同様、強く△6七歩成▲同金△4六歩(第9図)とされると自信がない。
zu 第9図で▲4二銀と攻め合うのは、△同金▲同飛成△4一銀打(第10図)で先手がまずい。
 このとき先手にナナメ駒がないのが痛い(あっても先手不利だとは思うので、そもそも▲4二銀の攻め合いは「ない手」なのだろう)。

 かといって第9図で▲4六同歩と取るのも、△4八歩▲3九金△5八角と一方的に攻められてしまう。ここでも同様に先手にナナメ駒がないのが痛く、攻め合いでは先手が勝てない形勢だ。
 △8八飛に攻め合っては先手が勝てなそうだが、かといって受けも難しい局面だ。
 ウソくさい受けでよければ▲8七歩(第11図)という手はある。△同飛成と取ってくれれば攻め合いの速度がだいぶ違うというただそれだけの手なのだが(笑)、さすがに一手の価値が低い。△3六歩(第12図)くらいで後手が勝ちそうだ。
 △3六歩は、▲同歩と取ってくれれば△5六歩~△5五角や△8九飛成~△2四(4四)桂などを見た手で、美濃囲いの急所を攻めている。あえて▲同歩と取らずに△3七歩成▲同桂として▲3四歩を見せる……なんていう考えもないではないが、どちらにしても形勢がひっくり返るということはなさそうで、終局までジリ貧という感じである。

zu zu

zu と、いろいろ考えてはみたものの第1図では少しずつ先手が苦しい感じで、となると苦戦の原因はそれより前ということになるが、第1図は△6五歩と角頭を攻めてきた手に対して、▲7五歩△6六歩▲8五角と角をさばいた局面。これがダメということになると、角頭を受けるために▲7七銀(第13図)と引いてどうか、という感じだろうか。
 しかし、第13図は本譜に比べるとあまりにも角が息苦しい感じで、ちょっと選びにくい形だ。△6六歩▲同銀△8八角と単純に攻められるくらいでも現実的に先手が苦戦していそうである。
 とはいえ、これもダメとなるとそもそも角を打って飛車交換した構想が……というところまで遡ってしまいそうで、そりゃあ先手の藤井も「勝負所はありません」と言うだろうなぁ……というくらい辛い感じだ。

 うーん、第1図は先手がいいと思ったんだけどなぁ……。
zu なお、対局後の1週間くらいでこの辺まで書いて、仕事の忙しさもあってしばらくほっといたところ(ごめんなさい)、『将棋世界』でこの将棋が取り上げられた。やはり勝負所はナシ、という点に変わりはなかったが、投了の局面である第5図から、▲4八歩という粘りに出る変化があったとのこと。
 以下、△同と▲同金△同飛成と金を丸々1枚損するが▲4九金と弾き、△4七金▲3二金△同銀▲4八金△同金▲3九銀(第14図)と、攻めの手がかりをなくしてでもとにかく粘る、という苦しい手順である。とはいえ、今まで見てきた手順に比べれば、盤上の後手の攻め駒は少ないし、はるかに「粘り甲斐」のある展開だ。

 うーん、やっぱプロは粘り方もうまいんだよなぁ……。
作成日 2014-10-13 | [終盤研究]
::
Home > 終盤研究 > 美濃囲いの急所