佐藤康光の居飛車の手筋2 強襲・矢倉編

佐藤康光の居飛車の手筋〈2〉強襲・矢倉編―3七銀戦法から対右四間飛車まで、緩急自在の佐藤流
↑amazomで見る↑

著者:佐藤 康光 / 出版社:山海堂
出版日:
¥ 1,404 (定価)
<%myrate1()%> (評価:級位者)
<%myrate2()%> (評価:初段~三段)
<%myrate3()%> (評価:四段以上)
在庫切れ(価格・在庫状況は12月4日 23:17現在)

 『佐藤康光の居飛車の手筋1』に続く次の一手形式の解説本。第2段は矢倉である。
 内容は基本の▲3七銀戦法に始まり、森下システム、右四間飛車、左美濃戦法。
 先手番から見た矢倉であり、そういう意味では「公平な視点」で書かれている本ではない。
 また、少し内容が薄すぎる気もする。例えば▲3七銀戦法は宮田新手あたりまでで、後手版の対策も△9五歩型に限られている(△8五歩型がない)。森下システムも端攻めや深浦新手がない。本当に「先手が成功する形」だけを紹介している感じだ。まぁ、入口で読んでもらう本であるので、これはこれでいいという気もするが。

 vs右四間、左美濃といった形を取り上げているのもポイントが高い。ただし、右四間は△4二金対策に触れていないので、安易に使うと痛い目を見ることだけはとりあえず書いておく。使いこなしたいのであれば、別の棋書も参考にすること。

 判りやすく矢倉の組み方・戦法の狙いが書かれているので、初段くらいまでの居飛車等は参考にして欲しい。有段者は知っている変化が多いので前半はいらないだろうし、例えば左美濃などは『対矢倉 左美濃作戦』といった本も出ているので、そちらを参考にした方がいいだろう。

 実は、本シリーズは4巻出して(評判を見て)以下続刊、という予定だったようだ。巻末に広告が載っている。しかし、本書を出版後わずか3ヵ月後に出版社の山海堂が倒産してしまったので、34巻は出版されていない。vs中飛車・三間飛車と角換わり・横歩取りを予定したようだが、無責任な感想を言えば、とりあえず一通りは出して欲しかったなぁ……。
作成日 2014-06-29 | [定跡 ( 矢倉 )]