最新の矢倉3七銀戦法

最新の矢倉3七銀戦法 (プロ最前線シリーズ)
↑amazomで見る↑

著者:屋敷 伸之 / 出版社:毎日コミュニケーションズ
出版日:
¥ 1,575 (定価)
<%myrate1()%> (評価:級位者)
<%myrate2()%> (評価:初段~三段)
<%myrate3()%> (評価:四段以上)
在庫切れ(価格・在庫状況は8月16日 0:20現在)

 タイトルの通り、矢倉3七銀戦法を解説した本。
 加藤流と4六銀戦法△8五歩型、4六銀戦法△9五歩型を解説している。
 △9五歩型は宮田定跡のその先を、△8五歩型は穴熊に組んでからの攻防が主流。

 かなり詳しく、そしてしっかりと解説しているなと感じた。レイアウトなどが東大将棋シリーズに似ていたからかもしれない(笑)。解説部分に関してはよく書けていると思う。

 ただ、少し気になったのが、変化が分岐したときの書き方。
 例えば、▲2五歩に△3三銀と△1三銀という2つの手があったとする。そのとき、△1三銀は後述する、とする。これはいい。しかし、△3三銀の解説が一段落ついたところで、急に第○図というのが出てきて、それが△1三銀と指した局面なのだ。普通、「第○図は第○図の△3三銀で△1三銀と指した局面」とか書いておくよねぇ……。
 これがあったので、ちょっと油断すると「あれ、今どこだっけ?」となってしまう。白砂は盤駒を出して棋書を読む人間ではないのでこういうことをやられるとより辛い。

 内容がよかっただけに、この点はもうちょっと気を配ってくれてもよかったと思う。もちろん内容はいいので、評価は高いです。
作成日 2011-08-25 | [定跡 ( 矢倉 )]