四間飛車を指しこなす本 1

四間飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋塾)
↑amazomで見る↑

著者:藤井 猛 / 出版社:河出書房新社
出版日:
¥ 1,365 (定価)
<%myrate1()%> (評価:級位者)
<%myrate2()%> (評価:初段~三段)
<%myrate3()%> (評価:四段以上)
在庫切れ(価格・在庫状況は9月20日 12:57現在)


 満を持して登場した本家藤井猛による四間飛車の解説本。とはいっても本書は「藤井システム以前」の急戦についての解説で、有段者には常識的な変化が多いかもしれない。

 特徴的なのは、定跡解説書でありながら、次の一手形式で進んでいくこと。
 そのため、図面が非常に多い。ほぼ数手ごとに図面が挿入される。昔の米長の奇襲シリーズくらい多い。
 ただ、次の一手形式のため、今が変化なのか本筋なのかが判りにくいという欠点はある。きちんと読めば大丈夫なのだが、こういう形式である以上、混乱する可能性は高いと言わざるを得ない。

 良くも悪くも、従来にないタイプの定跡書であることは間違いない。
 あ、あと、電車の中では読まない方がいいかもね(笑)。
作成日 2000-03-24 | [定跡 ( 四間飛車 )]