囲いの崩し方 形の急所と手筋を知る

囲いの崩し方―次の一手問題集 形の急所と手筋を知る (終盤力養成講座)
↑amazomで見る↑

著者:沼 春雄 / 出版社:創元社
出版日:
¥ 1,260 (定価)
<%myrate1()%> (評価:級位者)
<%myrate2()%> (評価:初段~三段)
<%myrate3()%> (評価:四段以上)
在庫切れ(価格・在庫状況は10月20日 20:58現在)

 次の一手形式で、美濃、矢倉、穴熊の囲いを崩す手筋を解説する。

 形式としては面白く、類書もあることから判る通り需要はあるのだろう。しかし、本書に関しては「中途半端な難しさ」を感じた。難易度がバラバラで、その難しさも手筋としての難しさではなく、全体局面で解説しているがゆえの難しさなのだ。ある意味、手筋を習得するためにはいらない難解さと言える。
 有段者向けというのであれば、「手筋を覚えても実戦で使えないと意味がない」という面もあるから仕方がないか……という気にもなる。しかし、手筋を習得しようという人間に対してそれ以外の部分の負担を強いるのはあまりよくないだろう。

 ただ、そういう部分の難解さに目をつぶれば、囲い崩しの手筋を習得するにはもってこいの本だ。
 歯ごたえがある、ということを念頭に置いて、気合を入れてから読んで欲しい。
作成日 2004-04-20 | [総合 ( 終盤・寄せ )]