攻めか受けか 次の一手問題集 寄せの判断力を養う

攻めか受けか―次の一手問題集 (終盤力養成講座)
↑amazomで見る↑

著者:勝浦 修 / 出版社:創元社
出版日:
¥ 1,260 (定価)
<%myrate1()%> (評価:級位者)
<%myrate2()%> (評価:初段~三段)
<%myrate3()%> (評価:四段以上)
在庫切れ(価格・在庫状況は10月18日 22:12現在)


 いわゆる「次の一手」本である。終盤の局面を抜き出し、次の一手を問う。
 ただし、スーパートリックのようなパズル的なものではない。実戦さながらの局面を元に(というか元ネタがプロの実戦なので当然なのだが)、この局面は攻めるべきか受けるべきかを考える。純粋に読みの力、大局観が問われる。

 白砂はパラパラと読んだだけなのだが、意外と手ごわい。驚いた。
 こういう問題だと「~にて必死で勝ち」ばかりなのだが、本書の場合は「ここで受けておいて手勝ち」とか、本当に実戦の勝負と同じ形勢判断、ヨミをしないと正解は出せない。華麗な手順ももちろん多いが、地味に上から押しつぶして勝ちとか、そういう解答も多いのだ。既存の次の一手集よりは骨があると思う。こういう本を創元社も出すようになったのか……と、ちょっとビックリした。
 まえがきには「有段者はヒントを見ないで解けば云々」とあるが、ヒント自体があまり役に立たないので(笑)、かなり難しい問題が多い。ちょっと級位者では読み切れない(本書がではなくて、問題の正解手順が)と思う。
 初段前後の人が、終盤力を鍛えるのにはもってこいの本だ。

 買うか、と言われると「こういう本って繰り返し読めないからなぁ……」と躊躇してしまうのだが(笑)、立ち読みをして難しいと感じたら売り上げに貢献してあげて欲しい。こういう本って、意外と貴重だと思うから。
作成日 2002-10-01 | [総合 ( 終盤・寄せ )]