終盤の鬼 森信雄の強くなる将棋

森信雄の強くなる将棋 終盤の鬼
↑amazomで見る↑

著者:森 信雄 / 出版社:山海堂
出版日:
¥ 1,260 (定価)
<%myrate1()%> (評価:級位者)
<%myrate2()%> (評価:初段~三段)
<%myrate3()%> (評価:四段以上)
在庫切れ(価格・在庫状況は10月19日 17:30現在)

 次の一手形式で寄せの勉強をする本。

 最初にちょっとした解説ページがあり、そのあとはひたすら問題を解いて鍛えていく方式である。
 ちょっと面白いのが、問題のページにヒント図面があり、「▲○○○という手ではこうなったダメ」みたいなものが図入りで載っていること。こういう、最初に失敗図を示すという形式の問題集は初めて見た。
 要するに、問題形式にはなっていても、その実これは講義形式であり、だから問題を解くというよりはどんどん読み進んでしまっても構わないようになっている。一通り読む(図面を見る)ことによって、寄せの形や手順を叩き込むという本だ。

 問題自体はなかなか骨っぽいものも入っているが、上級になると逆に「スーパートリック(作者にちなんで言ってみました(笑))」っぽくなっていて寄せの教材という感じではなくなる。もう少しターゲットを絞って、実戦的な問題集(寄せ講義)としてまとめた方が本としては生きたのではないか……と思った。
 試みとしては悪くないので、『寄せが見える本』一歩手前の読者を対象とするくらいで続編を作ってほしい。
作成日 2005-10-26 | [総合 ( 終盤・寄せ )]