羽生善治の終盤術2 基本だけでここまで出来る

羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21)
↑amazomで見る↑

著者:羽生 善治 / 出版社:浅川書房
出版日:
¥ 1,365 (定価)
<%myrate1()%> (評価:級位者)
<%myrate2()%> (評価:初段~三段)
<%myrate3()%> (評価:四段以上)
在庫切れ(価格・在庫状況は10月22日 14:53現在)


 前作に続き、寄せについて書いた本。お得意の「本をひっくり返す」次の一手方式で書かれている。

 サブタイトルは「基本だけでここまで出来る」となっていて、取り上げられた形を見ても、なるほど基本的な手筋だけで構成されている。入門書で手筋を覚えても、実際に使いこなせなければ意味がないという好例だろう。
 同時に、羽生の「大山先生は手を読んでない。ホントに読んでないんですよ」という発言も思い出した。大局観と基本的な手筋が頭にあれば、手を読むことなどしなくてもツボに手が行くということだろう。事実、本書に載っている、堅そうな陣形、手がかりのなさそうな玉形が、あっという間に寄ってしまう。「公式は暗記するのが重要なのではなく、使いこなすことが重要」だということがよく判る。

 次の一手形式も効果的に機能していると思う。
 羽生が講座で壇上に立ち、大盤を動かしながら「これはこうやっていきます。……次の形、これはこう攻めれば潰れてますね」と解説しているようなスピード感が感じられる。次の一手形式の「ブツ切り感」がいい方に作用しているのだろう。

 ただ、その点から苦情を呈すると、個々の問題に関連がないのが逆に気になった。
 前述のたとえを使うなら、「これはこうやっていきます。……次の形、これはこう攻めれば潰れてますね」と言う時、通常は「先程と同じく……」とか、「この筋があるので前回の手順は使えず、代わりに……」とか、前後にはなんらかの関係性があるものだろう。そうやって体系的に学ぶことによって、よりいっそう理解が深まる。本書には、あまりそれが感じられなかった(ないわけではない。念のため)。
 そのため、本当に単に次の一手をいっぱい解くだけ……という雰囲気もなってしまいがちだ。
 題材の難易度など、非常にうまくできていると思うので、もったいないと感じた。

作成日 2006-07-08 | [総合 ( 終盤・寄せ )]